Textile Designer/ Artist 
MIYUKI TANIGAWA

 
 

WORK OF ART

 CONTEMPORARY KIMONO ART

  ● 制作年順に載せております ●

 

 幻灯〜蝶の舞〜

2002.01 正絹引染め・ダンマル・挿し友禅・ピース・刺繍
 
自身が成人式に着るためにデザインした、初めての着物作品。
赤と黒が地色の振袖で、蝶の柄の振袖が着たいという自分のわがままな思いを実現させました。
友禅、ダンマル、蝋、引き染めなどの技法を使っています。
幻灯の上を、友禅で、色とりどりに染められた蝶が浮遊しているイメージです。

 

 

幻灯〜蝶の舞〜襦袢 

2002.01 正絹 引染め・型友禅
 
幻灯〜蝶の舞〜の を制作した際、せっかく制作するなら… と一緒に作ったものです。
図鑑にあった揚羽蝶を、小紋調にデザインし 地色は 振袖で、気に入っていた、挿し友禅の スカイブルーの蝶の色を使いました。
振袖を着たときに、袖からスカイブルーの襦袢がスッと 見えて、とても気に入っている襦袢です。
 
 

 

STRONG IN THE RAIN〜雨ニモ負ケズ〜

2002.09 正絹 絽紗合わせ 引染め・型友禅
第2回AMUSEアーティストオーディション出品作品
 
宮沢賢治の“雨ニモ負ケズ”の英訳されたものを着物に染めました。戦後の白黒写真がモチーフです。
現在からタイムスリップして男の子を見る感覚で全体にデジタルっぽくデザインしました。絽と紗の二枚重ねの型と引き染めで染めた夏の着物です。
 
 

Don't leave...

2002.12 正絹 型友禅
2002 京展入選
第2回AMUSEアーティストオーディション出品作品
 
くり返し、くり返しの当たり前の日常生活の中の“大きな忘れ物。”あなたの“忘れ物”は何ですか??と問いかけるメッセージ性の強い作品。

 

 

Bless you <black>

2003.03 正絹 型友禅
 
左袖に“Bless you”と英字の入った、揚羽蝶の連続柄と無地の片身変わりの着物です。
右側と左側では着姿の印象が、ガラリと変わります。

あなたに豊かな祝福がありますように!
この着物を着た方へ、また着ている人をご覧になった方へ。

“Bless you”
 
 

Music Disc <monotone>

2003.03 正絹 型友禅第40回新創美術展出品作品
 
モチーフにMDを使って、市松模様を制作するためデザイン
しました。モノクロとカラーの2パターンありますが、柄が斬新なので、色は昔の和の色にこだわりました。
 
 

 Bless you <light blue>

2003.03 正絹 型友禅
 
左袖に“Bless you”と英字の入った、揚羽蝶の連続柄と無地の片身変わりの着物です。
右側と左側では着姿の印象が、ガラリと変わります。

あなたに豊かな祝福がありますように!
この着物を着た方へ、また着ている人をご覧になった方へ。

“Bless you” 
 
 

 Music Disc <colored>

2003.03 正絹 型友禅第40回新創美術展出品作品
 
モチーフにMDを使って、市松模様を制作するためデザイン
しました。モノクロとカラーの2パターンありますが、柄が斬新なので、色は昔の和の色にこだわりました。
 
 

 花の泪

2003.05 合繊素材 インクジェット染色 
第40回新創美術展出品作品
 
初めてのインクジェット技法で制作した作品です。
モチーフのガーベラと水滴をリアルに表現したかったので、この染色技法に挑戦しました。
薄くやわらかい素材なので、羽織るとドレスのようになります。
 
 

 Darkness

2007.05 正絹 インクジェット染
第2回AMUSEアーティストオーディション 審査員特別賞受賞

AMUSEアーティストオーディションに出品予定で 制作したので、思い切りました。モデルさんに協力 を得て写真を撮り、ポスターの様にアヴァンギャルド にデザインしました。
 
  

花と女と

2005.05 正絹 インクジェット染
第29回日本新工芸展入選
東京、名古屋、京都、北九州 巡回展
 
この作品はカメラを持って街へでて、女性の写真を撮りました。
この人のかげは、強く生きている女性のかげです。
そんな女性のかげに、多色の花をのせました。
花びら、葉脈や繊維、細胞まで、花の色んな部分が染まっています。
 
 

 消えた記憶

2007.05 正絹 
第29回日本新工芸展入選
東京、名古屋、京都、北九州 巡回展
 
裾からのぼかしで炎を表しました。
テーマは、争い。人間が起こした悲しい出来事。
私の世界で、怖く、でも理不尽に命を落とした人々をどうにか美しく表したい。
そう考え制作したレクイエム的作品。

炎の中にはぼんやりとピンクの陰で亡くなった大勢の人々が煙となって浮かんでいます。裾には普通に生活している人々。
決して綺麗な作品ではなく、込めたものは重たいものです。
 
 

Strange Fruit

2008.07 綿・浴衣作品
 
タイトル通り、Billie HolidayのStrange Fruitを聴いて制作した綿・浴衣作品。
たったの一度しか聴いていないのに、聴いた日の夜、夢にまでこの歌が流れました。
纏うと、前、左半身は真っ黒になります。
纏って歌を体感する作品です。
 
 

JINBAORI

2008.07 綿・浴衣作品
 
初めて、男性が着るのを想定して制作しました。
文字通り、タイムスリップして戦国武将に着せたい陣羽織・ワタシ風。
頭に湧いたイメージを正直にそのまま形にしました。
着姿になると、ガラリと印象が変わります。
背中と両脇の色の出方がポイントです。
 

“Le vent et la lumière”
~ある彫刻家の最期~

2008.07  正絹 インクジェット染色
 
Nadine Ribault
×
Miyuki Tanigawa

今回、フランス人作家、Nadine Ribaultさんの長編小説『Le vent et la lumière/風と光』
からインスピレーションを戴きコラボレートをさせて戴きました。
女性彫刻家の複雑な悲恋の物語 です。
悲恋の末の最期 を、派手で強烈なインパクトではなく 穏やかで静かだけど、皆の目を離さない様に描きました。
 
 

七五三 五歳詣り羽織
The starting progress!”~息子たちへ~

 
2017.11  正絹 インクジェット染色 手描き 金彩
 
息子たちへ、七五三のお祝いに羽織をデザイン制作してやりました。
兄弟の大好きな蒸気機関車を背に、兄の干支『辰』弟の干支『申』、恐竜などを描きました。
 
The starting progress!”とは“ 出発進行!”のこと。
まだまだ人生始まったばかり。大胆に黒煙を出して走れ走れ!!!と想いを込めました。